So-net無料ブログ作成

ナイノア・トンプソンとホクレア号そしてスターナビゲーション [自然]

ワタクシは アウトドアショップで
働いていたので、
色々なブランドを
扱っていましたが、
なかでも、
『パタゴニア』と
いうアウトドアブランド
がお気に入りです。

でもとてもお値段の
張るブランドなので
持っているものは、
20年たってもピリング
しないアンダーウェア
や、つい最近
クリスマスにもらった
コートや、ワンショルダー
バッグなどごく限られた
ものしかありません。

でもかつての同僚が
働いていたりして
とても親近感のある
ブランド。

そんなパタゴニア
から、ユーザーと
して、カタログが
送られてきます。

そのカタログは。。
まるで雑誌のようです。
地球環境に何ができるか?
という特集だったり、
クライミングの未来に
ついて語ったり。。

そして今回送られてきた
カタログ表紙は。。。
海原を力強く進む
『ホクレア号』の写真
でした。。

ワタクシはそれを見て
心を打たれた。。

あの『ホクレア』だ。。

ワタクシがホクレア号を
知ったのは、映画
ガイアシンフォニーで
でした。
ドキュメンタリー構成
のこの映画では、
世界に散らばる
面白い人々をインタビュー
していて、その中に
ホクレア号を操る
ナイノア・トンプソン
が出てくるのです。
この映画にワタクシは
様々な影響を受けました。

ワタクシが、カナダの
オルカ研究者の無人島へ
夏期プログラムで
ホームステイに行く
きっかけとなったのも
この映画でした。
そのオルカ研究者も
この映画の出演者でした。

写真家・星野道夫さん
おにぎりで人々を
癒した佐藤初女さん、
アイルトンセナ、
ダライラマ、
今までよく知らなかった
多くの人々を
この映画で知りました。

ダライラマには、
講演会まで行って
直にお会いしました。
若かったワタクシに
様々な影響を
与えたことは
間違いありません。

そして。。ナイノア。
彼がまだあれからも
ずっと、
失われつつあった
スターナビゲーション
の技術を復活させながら
ポリネシアの島々を
巡っていることを
知りました。

白髪の似合う
精悍な初老の
逞しい背中の
写真をみて、
月日がたったことを
しみじみ感じました。

写真家・星野道さんも、
アイルトンセナも、
佐藤初女さんも、
もうこの世には
いらっしゃらない。

だからこそ、余計に、
ナイノアの姿と、
そのひたむきな
努力に胸を打たれました。

機会があったら
ぜひナイノアと
ホクレア号のこと
調べてみてください。

民族の誇りと、
自由と、尊厳を
守り抜くホクレア号と
ナイノアのことを
知ると、
ワタクシは胸が
スカッとします。
冒険にワクワク
します。

いくつになっても
出来ることは
必ずある。。
そう思わせてくれる
冒険者です(*'▽')

オマケでお弁当

お弁当
鶏の照り焼き
かぼちゃデリサラダ
ミニトマトベーコン巻き
味付け卵
ばっけみそ
はんぺんのバター醤油焼き
鮭ご飯

おのおの
明日も
ぬかりなく!


Sponsored Link



タグ:自然