So-net無料ブログ作成
検索選択

『湯気のたつスチャル(鶏鍋)』をハンドメイド。。バルサの食卓より [ハンドメイド]

先日お誕生日を迎えたワタクシ。。
以前はあまり感じなかった歳を感じる
今日この頃。。昔ほどワクワクしなく
なってしまった誕生日ですが、
それでも感慨深い一日であること
に変わりはありません。。

そんなワタクシに姉からプレゼントが。。
とってもお気に入りの映画『LALALAND』
のサントラと文庫『バルサの食卓』

早速LALALANDを大音量で聴きながら、
バルサの美味しそうなお料理を作ってみる
事に致しました(*'▽')

最近寒い日が続くので。。

選んだお料理は、『湯気の立つスチャル』
鶏鍋です。

スチャル(鶏鍋)
この企画でお料理を作っているのは、
映画にもなった南極料理人の西村さん♪

14か月毎日違うものを食べさせたという
伝説?!の料理人さんです。

このスチャルは、鎖国政策を取った
ヨゴのせいで、祖国に帰れなくなり
カンバルでの生活を余技なくされた
ヨゴ人たちがバルサとチャグムに
振る舞ってくれるもの。。

カンバルは痩せた土地として
描かれていて、もっぱら家畜は
山羊。鶏肉は懐かしいヨゴの味。。
という訳です。。。

このレシピのポイントは、
たぶん、骨付きの鶏手羽元を
使用しているところでしょうか。。
後は、普通の水炊きと一緒。
そうそう、もう一つの
ポイントは、一度水炊き
した鍋を完全に冷めるまで
置いておいてから、味付けする
ってことでしょうか。。

でもこの技、以前料理人の
友人から教わって知っていたので
そんなに難しい事はありません。

調味料はシンプルに塩のみ。

分量も適宜となっていて、
自分でお好みの塩加減で。
ショウガの香りの利いた
とっても美味しい逸品と
なりました(*'▽')

今は色々便利な調味料が
開発されていて、ついつい
頼ってしまいがちですが、
鶏の旨みと塩だけで出来た
このスチャルに、基本の大切さ
を思い出したように感じます。。

ああ♪最高に美味しい鍋だった!

オマケでお弁当。

お弁当
エビと小松菜の塩麹炒め
かぼちゃのデリサラダ
厚揚げとひじきの胡麻煮
プチトマトのベーコン巻き
のり振りかけご飯。

さて。。おのおの、明日もぬかりなく!


Sponsored Link